スポンサードリンク

64bit版のExcelでは、Basp21が使えないことがある件について。

【講座名】
メール送信・受信プログラミング初心者入門 に関する質問

【質問】
WindowsXPのサポート終了に伴い、パソコンを買い換えました。

今のOSは、Windows8.1で、64bitです。

そのパソコンには、64bit版のExcelがプリインストールされています。

講座の手順通り作成し、メール送信プログラムを実行すると、

Basp21のオブジェクトを生成する部分でエラーがでます。

原因と対処方法を教えてください。

【回答】
確認したところ、確かに64bit版のExcelでは、Basp21が使えないようです。

実は64bitでも動く「Basp21 Pro」がありますが、有料でちょっと高額です。

出来れば無料のBasp21をそのまま利用したいところですよね。

インターネットで調べて、いろいろ試したのですが、上手く行きませんでした。

私が最終的に解決できた方法は、

Excelを64bit版から32bit版に変えることです。

OSのWindows8.1が64bitでも、Excelが32bit版なら、Basp21はそのまま動きます。

ではどうやってExcelを64bit版から32bit版に変えるのか?

とても簡単で、Officeごと再インストールするだけです。

最近のOfficeは、マイクロソフト社のサイトから、再インストールできるようになっています。

一昔前は、CDなどのメディアからOfficeをインストールしましたが、

今はプログラム本体はダウンロードする仕組みです。

製品のシリアルナンバーが手元にあれば、簡単にできますよ。

特に何かを選択する必要もなく、普通に再インストールすれば、32bit版になります。

【メール送受信の最新記事】

スポンサードリンク






プログラミング入門 Q&A TOPへ